読者プレゼント

応募方法

"g-time"読者プレゼント:「刃金の美 刀剣・甲冑コレクション名品展」のご招待券【5組10名様】

【3月1日(木)〜4月8日(日)※休館日/月曜日】

香雪美術館のコレクションを形成した村山龍平(1850~1933、号香雪)の所蔵品の中から刀剣、甲冑の名品をご紹介します。

■開館時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)
■料金/一般700円、高校・大学生450円、中学生以下無料
■場所・お問合せ/香雪美術館 TEL(078)841-0652

2018年3月8日(木)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「市民映画劇場3月例会「午後8時の訪問者」」のご招待券【5組10名様】

「市民映画劇場3月例会「午後8時の訪問者」」イメージ

【3月16日(金)・3月17日(土)】

診療時間外に鳴ったドアベルに応じなかった女医ジェニー。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所の近くで発見される…。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。上映時間はお問い合わせを。

■料金/一般1,700円、シニア・障がい者・大学生以下1,300円
■場所/神戸アートビレッジセンター(KAVCホール)
■お問合せ/神戸映画サークル協議会 TEL(078)371-8550

2018年3月8日(木)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち」のご招待券【5組10名様】

【開催中~4月15日(日)※休館日/3月5日(月)、4月2日(月)】

東郷青児(1897-1978)は日本最初期の前衛絵画から昭和のモダン文化を彩るデザインの仕事、さらには美と抒情を統合した比類ない女性像まで、生涯にわたってさまざまな造形的挑戦を続けました。本展では、「東郷様式」と呼ばれた独特のスタイルが確立する1950年代末までを中心に、逸品と希少品を一堂に集め、その画風の形成をひもときます。

■開館時間/火~金10:00~20:00、月土日祝10:00~18:00
■料金/一般1,300円、高校・大学生900円、小・中学生500円
■場所・お問合せ/あべのハルカス美術館 TEL(06)4399-9050

2018年3月15日(木)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「中之島香雪美術館 開館記念展『「珠玉の村山コレクション ~愛し、守り、伝えた~」 Ⅰ期 美術を愛して』」のご招待券【5組10名様】

【3月21日(水・祝)~4月22日(日)※休館日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)】

神戸・御影にある香雪美術館は、朝日新聞社の創業者である村山龍平の収集した日本と東アジアの古い時代の美術品を収蔵しています。開館45周年を記念して、大阪市北区に中之島香雪美術館を開館しコレクションの公開と普及をいっそう進めていきます。
開館から1年間は、開館記念展「珠玉の村山コレクション ~愛し、守り、伝えた~」を開催。村山が収集した日本とアジアの美術品から、重要文化財をはじめとする選りすぐりの作品300点余りを5期にわけてテーマ別に展示し、コレクションの全貌を紹介します。
オープニングを飾る「Ⅰ期 美術を愛して」は、龍平翁と特にゆかりの深い名品や収集をめぐるエピソードが知られる作品を中心に展示し、コレクションのエッセンスを味わう絶好の機会となります。刀剣を出発点に、仏教美術から書跡、中近世絵画、さらに茶道の世界へと広がりを増した村山コレクションを、「新千載和歌集」から村山自らが名付けた「志野茶碗 銘 朝日影」、東山御物として知られる梁楷「布袋図」などの名品で楽しんでいただきます。

■開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
■料金/一般900円、高大生500円、小中生200円
■場所・お問合せ/中之島香雪美術館 TEL(06)6210-3766

2018年3月15日(木)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「市民映画劇場4月例会「サーミの血」」のご招待券【5組10名様】

「市民映画劇場4月例会「サーミの血」」イメージ

【4月20日(金)・4月21日(土)】

1930年代、スウェーデン北部ラップランドに暮らす先住民族サーミ人の少女が差別や困難に立ち向かいながら生きる姿を描きます。上映時間はお問い合わせを。

■料金/一般1,700円、シニア・障がい者・大学生以下1,300円
■場所/神戸アートビレッジセンター(KAVCホール)
■お問合せ/神戸映画サークル協議会 TEL(078)371-8550

2018年4月8日(日)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「県政150周年記念事業・開館5周年記念展「横尾忠則の冥土旅行」」のご招待券【5組10名様】

【開催中〜5月6日(日)※月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日は休館】

本展は、横尾の作品を通じた死後の世界への冒険旅行です。横尾はつねに死後の世界を想像し、「死の側から生を見る」ことで、自らの生き方を見つめてきました。こうした横尾のまなざしを、作品世界を通して追体験する場となれば幸いです。

■料金/一般700円、大学生550円、高校生以下無料
■場所・お問合せ/横尾忠則現代美術館 TEL(078)855-5607

2018年4月8日(日)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「春季特別展「誕生50周年記念 リカちゃん展」」のご招待券【5組10名様】

【4月7日(土)〜5月20日(日)※会期中無休】

本展のテーマは「LiccameetsLicca」。三世代に渡って親しまれるリカちゃんの歩みをたどりながら、時代の鏡としてのドールやハウスを通して日本のファッションや生活様式、文化の変遷を展示いたします。

■開館時間/9:30~18:30(入館は18:00まで)
■料金/一般1,000円、高校・大学生700円、中学生以下無料
■場所・お問合せ/明石市立文化博物館 TEL(078)918-5400

2018年4月16日(月)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「吹奏楽団ブラス・ポルテーニョ」のご招待券【5組10名様】

「吹奏楽団ブラス・ポルテーニョ」イメージ

【4月30日(月・休)15:00開演】

【主な曲目】G.プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より、アルフレッド・リード:吹奏楽のための第2組曲、ジョン・ヒギンズ:ハリウッド・マイルストーンズ他。【出演】指揮:黒田広志、演奏:ブラス・ポルテーニョ。

■料金/1,000円 ※全席自由席
■場所/神戸文化ホール・大ホール
■お問合せ/ブラス・ポルテーニョ TEL(078-801-4770(榎)
 Mail : brassporteno@gmail.com

2018年4月16日(月)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「神戸ウインドアンサンブル」のご招待券【5組10名様】

「神戸ウインドアンサンブル」イメージ

【4月28日(土)18:30開演】

神戸を拠点に活動する吹奏楽団の定期演奏会。【出演】指揮:馬場義文・久家亮市。演奏:神戸ウインドアンサンブル。【主な曲目】M.アーノルド:バレエ音楽「女王への忠誠」より、G.ホルスト:吹奏楽のための第1組曲 変ホ長調、P.スパーク:オリエント急行、宮川泰:組曲「宇宙戦艦ヤマト」他。

■料金/一般500円
■場所/神戸文化ホール・大ホール
■お問合せ/同事務局 Mail : zin0513cl@gmail.com

2018年4月16日(月)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「企画展「明治の刀工 月山貞一」」のご招待券【5組10名様】

【4月21日(土)〜6月17日(日)※休館日/月曜日】

明治時代に大坂で活躍し、帝室技芸員にもなった刀工の月山貞一(1836~1918)の作品を中心に、村山コレクションの刀装具なども紹介します。

■開館時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)
■料金/一般800円、高校・大学生600円、中学生以下無料
■場所・お問合せ/香雪美術館 TEL(078)841-0652

2018年4月22日(日)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


"g-time"読者プレゼント:「特別展「小磯良平と吉原治良」」のご招待券【5組10名様】

【3月24日(土)〜5月27日(日)※休館日/月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日は休館)】

小磯良平(1903−1988)と吉原治良(1905−1972)。日本における、かたや具象絵画の巨匠、かたや抽象絵画のパイオニア。対照的なふたりですが、生まれ年からもおわかりのように美術家として活躍していた時代はほぼ同じで、主な活動拠点も神戸・阪神間と共通しています。画風やキャリアは対照的、でも同じ時代を同じ地域で活躍した点では多くの類似性がある。今までは同時に扱う機会に乏しかった小磯と吉原ですが、同展では彼らの作品を時代ごとに「並置」し、その「同時代性」や「地域性」から垣間見える彼らの「対照性」と「類似性」を明らかにすることで、偉大なるモダニストとしての小磯と吉原の画業を再確認します。

■開館時間/10:00〜18:00(金・土は〜20:00)※入場は閉館の30分前まで
■料金/一般1,300円、大学生900円、70歳以上650円、高校生以下無料
■場所・お問合せ/兵庫県立美術館 TEL(078)262-0901

2018年4月22日(日)締切(通信分有効)
※募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


応募方法

現在募集中のプレゼントはございません。
次号5・6月号の発行をお楽しみに!